Midjourney: 文字入れロゴ簡単作成!初心者でもプロ級に!

こんにちわ!モヘローです!

「AIで簡単にロゴデザインとか作成できないかな?」

「プロに依頼するにも費用が…AIで安く作れないかな?」

何てお考えのそこのあなた!

当然ですが、ロゴデザインをプロにお願いするとそれなりにお金が掛かります。

ココナラで平均相場は2万円…AI使って自分で安く作れないかな?なんて…ついつい思ったりしちゃいますよね。

そんなAIツール…もちろんございます。

今日は画像生成AI 「Midjourney」 を使ってロゴマークを作る方法を本記事でまとめていきます。

■Midjourneyは月額10$ (約1,400円)から始められて、商用利用も可能な画像生成AIツールです!

■最新のV6で英語の文字入れに対応!シンボルマーク + 文字のロゴデザイン簡単に作成できます!

 ※文字入れは英語のみ対応

■実際にどのようなロゴデザインが作れるか?具体的な作り方を本記事でまるっと紹介!

目次

Midjourneyとは?

Midjourneyの概要

Midjourneyは最先端のAI技術を用いた画像生成ツールです!

誰でも簡単に使えて、ロゴデザインやLINEスタンプ用イラストやSNSアイコン等の多様な用途にも対応できます! 

月額10$ (約1,400円)から始められて、商用利用も可能です!

これからAI画像生成ツールを使おうと思っている方にイチオシのサービスです。

始め方や有料プランについては以前に記事をまとめているので、まだ利用していない方は是非ご参照頂けると幸いです。

■Midjourneyの始め方及び有料プランについてのまとめ記事

あわせて読みたい
Midjourney 使い方や始め方/商用利用や料金について徹底解説 こんにちわ!もへろーです! 「高機能な画像生成AIツールを使ってみたい!」 「Midjourney or Niji Journeyを始めてみたいけど、使い方や料金が良くわからない!」 なん...

実際にどのようなロゴデザインが作れるのか?

どのようなロゴデザインを作ることができるのかは、実際にご覧になって頂いた方がわかりやすいかと思います!

私の方でいくつかサンプルのロゴデザインを作ってみました。

■シンボルマーク + 文字のロゴデザイン

■シンボルマークだけのロゴデザイン

■文字だけのロゴデザイン

いかがでしょうか?

Midjourneyは一度使い方を覚えてしまえば、こうしたロゴデザインを手軽に、スピーディーに、自分が納得いくまで生成を行う事ができます!

言うなれば、専属のイラストレーターを月当たり約1,400円で雇うようなものですね。しかもAIなので、24時間365日いつでもあなたの要望に即座に答えてくれます! 是非、ご利用をご検討頂けると幸いです。

Midjourneyでのロゴデザインの作り方

以降はMidjourneyを用いてロゴデザインを作成する際のより具体的な設定や手順について紹介いたします。

設定について

まず最初に設定を確認していきます。

コマンド: /settings

<ポイント>

■ Model: Midjourney Model V6 またはNiji Model V6を選択しましょう。

V6 ALPHA版からイラストへの文字入れ機能に対応しています。

V6 の新機能に関しては以下の記事でまとめておりますので、良かったらご参照頂けると幸いです。

あわせて読みたい
Midjourney v6徹底解説!新機能と作例でわかる超進化 こんにちわ!もへろーです! ついにMidjourneyの新バージョン [6 アルファ版]が2023年12月21日にリリースをされました! <アップデート要約> ■ v6 では画像生成のクオ...
あわせて読みたい
Niji Journey v6徹底解説!画像生成AIの進化が止まらない! こんにちわ!もへろーです! 2024年1月30日に待望のNiji Journey V6 のアルファ版がリリースされました!! 首を長くして待たれていた方も多いのではないかと思います...

■RAW Mode: 美術的な脚色を抑えて、よりプロンプトの指定に忠実にするにはRAW Modeを有効化しましょう。

■ Stylize: LowまたはMed のどちらかがオススメです。よりプロンプトの指定に忠実にするにはLowを、多少の美術的な脚色を加える場合はMed を選択します。

 ※High や Very High だと文字が上手く反映されないケースが多い。

シンボルマーク + 文字のロゴマークを作成する。

作りたいロゴのシンボルマークのイメージと文字をプロンプトに英語で指定をしていきます。

私も皆様と一緒にロゴを作ってみます。今回は喫茶店のコーヒーをシンボルマークにしたロゴデザインにチャレンジしてみます。

コマンド例: Simple coffee shop logo design, symbol with coffee motif, store name written as “Mocha”

※コマンドの和訳: シンプルな喫茶店のロゴデザイン, 珈琲をモチーフにしたシンボルマーク, 店名は”モカ”と書く

コマンドのポイントとしてはロゴに含みたい文字は「”」で囲う必要があります。

上記のコマンド例でも”Mocha” と文字を囲っています。

2023年12月時点では、文字入れには英語のみ対応しています。

先ほどのプロンプトの指定では以下の様にいくつかの画像が生成されました。

■気に入ったものがあれば「U 1~4」でアップスケールを実施する。

■指定のイラストの別のバリエーションを作りたい時は「V 1~4」をクリックする。

■同じコマンドで再生成を続ける場合は右側の循環している矢印のマークをクリックする。

今回私は左上のイラストが気に入ったので、「U1」でアップスケールをしています。

アップスケール後の解像度は「1,024×1,024」になっています。

ここから更に高解像度「2,048×2,048」にするには「UpScale」をクリックします。

V6には(Subtle)と(Creative)の2つのアップスケールモードがあります。

Subtle は基本的に元のイラストをそのままに高解像度化を実施しますが、Creativeは多少のクリエイティブな変更を加えた上で高解像度化を実施します。

以下の左側はSubtle、右側がCreativeのアップスケール後になります。

比較すると左側は元からほとんど変わっていないのに対し、右側は多少イラストに変化が出ている事がわかると思います。

基調にする色を指定する。

勿論、基調とする色を指定することも可能です。

以下の様に「with <色> background」の様に色の指定を含めて生成をしてみましょう。

コマンド例: Logo design for a coffee shop, coffee motif symbol with green background, store name is “Mocha”

私の方では今回、白と緑を基調にしたパターンも作成をしてみました。

シンボルマークだけのロゴを作成する。

シンボルマークだけのロゴを作成する際にも要領はそこまで変わりません。

例えば以下の様に「シンボルマークだけのロゴデザイン」の様に指定するだけで大丈夫です。

コマンド: Logo design with just a symbol, manufacturer of motorcycle accessories store, simple and cool

※コマンドの和訳: シンボルマークだけのロゴデザイン, バイクのメーカー, シンプルでカッコいい

私は左下のイラストがカッコいいと思ったので、「U3」でアップスケールをしてみます。

文字だけのロゴを作成する。

現時点でMidjourneyでは文字だけのロゴ作成はあまり得意ではありません。

元が画像生成AIなので、文字以外の画像やマークが一緒に生成されがちなためです。

コマンド: /settings

文字だけのロゴを作成する場合はよりプロンプトに忠実になる様に「RAW Mode」と「Stylize low」を選択する事を推奨します。

文字だけのロゴを作成する場合は例えば以下の様に「文字だけの」の様な指定を含んでいきます。

「Groovy Zombie」はインディーズ界隈にいそうなバンド名の例です。

コマンド例: Logo design with just the words “Groovy Zombie”, written in a cool and stylish way –v 6.0 –s 50 –style raw

※コマンドの和訳: 文字だけのロゴデザイン, かっこよくお洒落に “Groovy Zombie” と書く

<失敗例>

文字だけのと指定しても上記の様にイラストも映り込んでしまうことが多々ございます。

このような場合は右下の矢印で再生成を行ってみます。

何度か再生成を繰り返しているとランダムで指定した通り文字だけのロゴデザインも出てくるかと思います。

最終的には私の方では以下の様なデザインが文字の雰囲気が良いなと思い採用しました。

Midjourneyの書籍もオススメ!

Midjourneyの使い方を網羅的且つ効率的に学びたい人には、最近は書籍も出てきているのでオススメです!

■迷わずひと通りの操作が行えて、効率的に生成できることをゴールとしたレッスンで構成!

■Midjourneyの概要や基本機能、アカウントの作成、Discordの操作方法といった、必要な基礎知識を解説!

ビジネスで直ぐに活用できる生成方法を利用シーンごとに解説!

まとめ

最後までご覧になって頂きありがとうございます!

本日のポイント

■Midjourneyは月額10$ (約1,400円)から始められて、商用利用も可能です!

■最新のV6で英語の文字入れに対応!シンボルマーク + 文字のロゴデザイン簡単に作成できます!

 ※文字入れは英語のみ対応

■実際にどのようなロゴデザインが作れるか?具体的な作り方を本記事でまるっと紹介!

  後から見直したい方は是非、ブックマークに登録を頂けると幸いです。

オススメ記事

本ブログでは様々なAIツールに関する記事を公開させて頂いております。

良かったら他の記事もご覧になって頂けると幸いです。

あわせて読みたい
二次元イラスト特化AI「Niji Journey」で美少女爆誕! AIを使ってとにかく可愛い女の子のイラストを作ってみたい! みたいよぉ...。って方! 結構多いんじゃないでしょうか? かく言う私も同じような動機でAI画像生成ツール...
あわせて読みたい
Midjourney 同じ顔で様々な服装や髪型を生成する (Vary Region) こんにちわ!もへろーです! Midjourney で同じ顔(キャラ)を維持したまま、服装や髪型だけ変更できないかな? って思った事はございませんか? 上手く活用すればNFTの作...
あわせて読みたい
ロゴデザインで迷ったらLogo AI!あなたのアイデアを形にします こんにちわ!モヘローです! 「AIで簡単にロゴデザインとか作成できないかな?」 「プロに依頼するにも費用が…AIで安く作れないかな?」 何てお考えのそこのあなた! 当...

What is モヘロー

主にAIやNFTに関する活用を紹介するブログを書いています。

Xで発信もしているので、良かったらフォロー頂けると嬉しいです。アカウントはこちらから!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次