Midjourney v6新機能!Sref random で様々なスタイルを作成!

スタイル参照機能「Sref」に新たに「Random」オプションが追加されました!

Randomオプションを利用する事で無作為に様々なスタイルが出力され、平たく言うと色々な画風を試せる機能となっています!

■「Sref Random」を使うとランダムな数字(スタイルID)が取得できる!

■複数IDを取得する時は「Repeat」オプションとの併用が便利!

■キャラクター参照「Cref」オプションとの併用も可能!

■スタイルID自体は他人が生成したものを流用する事も可能!

■MidjourneyのSref機能って何?って人はまずはこちらから!

あわせて読みたい
Midjourney v6新機能!Srefで画風を固定する方法紹介 こんにちわ!もへろーです。 Midjourney v6 に画像を参照する機能として「Sref」オプションが新たに追加されました! 参照機能自体は元々v5までも類似の機能があったの...
目次

Sref Randomパラメータについて

プロンプトの構文について

「Sref」オプションは画像を生成する「/imagine」の後半部分に定義します。

基本的の構文は以下の通りです。

プロンプト構文: /imagine <イラストの指定> –sref random

「/imagine」コマンドの最後に「–sref random」を加えるだけでOKです!

本機能はMidjourneyとNijiJourney のv6 で利用できます!

Niji Journeyの公式ページにもSref Randomのリファレンスが投稿されていました。

Sizigi Studios on Notion
sref randomの使い方 | Notion まだ試していない方は、スタイルリファレンス機能をチェックしてみてください。あなたの生成画像のスタイルに影響を与える画像を入力することができます! 使い方のチュー...

各モデルごとのv6アップデートの紹介は以下をご参照頂けると幸いです。

あわせて読みたい
Midjourney v6徹底解説!新機能と作例でわかる超進化 こんにちわ!もへろーです! ついにMidjourneyの新バージョン [6 アルファ版]が2023年12月21日にリリースをされました! <アップデート要約> ■ v6 では画像生成のクオ...
あわせて読みたい
Niji Journey v6徹底解説!画像生成AIの進化が止まらない! こんにちわ!もへろーです! 2024年1月30日に待望のNiji Journey V6 のアルファ版がリリースされました!! 首を長くして待たれていた方も多いのではないかと思います...

Sref Random の使い方

基本的な使い方

ここからは実際にコマンドを使って解説をしてまいります。

まず最初に何でもいいので「Sref Random」機能を使ってイラストを複数作成します。

プロンプト例:girl with cat ears –sref random (猫耳を付けた少女)

私の方では3回分、生成を行ってみました。

すると「Random」で指定した箇所が自動的に数字の変換されますが、この数字が「スタイルのID番号」です。

画風毎に異なるスタイルIDが付与される形になっています。

以降、例えばランダムで生成されたスタイルに気に入った画風があれば、「スタイルID」を参照する事ができます。

以下ではイラストの題材をメイド服の少女に変更し、先ほどランダム生成された「3751092915」のスタイルIDを参照させています。

プロンプト例:girl dressed as a maid –sref 3751092915 (メイド服の少女)

以下は結果の比較です。左側が参照元で、右側がメイド服の少女にお題を変更した生成結果となっています。

元のスタイルを参照し、画風を忠実に引き継いでいますね!

Repeat オプションとの組み合わせが便利

「Sref Random」機能は好みのスタイルが生成されるまで何度か同じコマンドを繰り返す操作が必要になります。

そんな時に便利なのが「Repeat」オプションと組み合わせです!Rapeatは同じコマンドを指定の回数繰り返してくれます!

例えば先ほどの「猫耳を付けた少女」のお題で「Sref Random」を「3回」実行するコマンドが以下です。

プロンプト例:girl with cat ears –sref random –repeat 3

以下の様な表示が出るので、「Yes」をクリックします。

私の方では以下の様に3回分それぞれ異なるスタイルIDでイラスト生成されました!

Sref RandomとCrefの併用について

Sref Randomで生成された「スタイルID」は、キャラクターを参照する「Cref」オプションと併用して利用できます!

■Crefって何ぞや?って方はまずはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Midjourney v6新機能!Crefで同じキャラクターを固定生成! こんにちわ!もへろーです。 ついに!Midjourney 及び Niji Journey v6 にキャラクターを参照する機能として「Cref」オプションが新たに追加されました! これにより、...

今回、私の方では以下のメイド服のキャラクターを参照元として準備しました!

そしてスタイルIDはリファレンスに紹介されていた「3403639244」を拝借します。

以下の様にスタイルIDを指定しつつ、Crefオプションでキャラクターの参照を同時に行います。

プロンプト例:Retro girl in maid’s outfit –sref 3403639244 –cref <参照元画像リンク>

いい具合ですね!メイド服のキャラクターを参照しつつ、スタイルIDの描写も反映されました!

このように「Sref Random」はキャラクター参照のCrefと併用する事もできますし、スタイルID自体は他人が生成したものを流用する事が可能です!

スタイルIDをまとめたサイトもありました!

AI IQ Portal

生成AIを副業に活かすなら!

Udemyのオンライン講座を活用しよう!

生成AIをもっと学びたい!仕事や趣味に活かしたい!と言う方必見!

Udemy では様々な画像生成AIのオンライン講座を受けられます!

ツールの使い方から副業への活かし方まで!目的にあった講座を是非、以下から検索してみてください!

「生成AI 副業」等のキーワードで検索してみましょう!

まとめ

最後までご覧になって頂きありがとうございます!

本日のポイント

■「Sref Random」を使うとランダムな数字(スタイルID)が取得できる!

■複数IDを取得する時は「Repeat」オプションとの併用が便利!

■キャラクター参照「Cref」オプションとの併用も可能!

■スタイルID自体は他人が生成したものを流用する事も可能!

後から見直したい方は是非、ブックマークに登録を頂けると幸いです。

オススメ記事

本ブログでは様々なAIツールに関する記事を公開させて頂いております。

良かったら他の記事もご覧になって頂けると幸いです。

あわせて読みたい
Midjourney Web版紹介!Discord版との違いや使い方まとめ 2024年2月の上旬からMidjourneyのWeb版のアルファテストが開始されました! ■これまでに1,000枚以上の画像を生成したユーザに早期アクセス権が与えられます。 ■Web版はD...
あわせて読みたい
今更聞けない!Midjourneyアスペクト比(ar)変更方法まとめ  こんにちわ!モヘローです! 本記事をご覧いただければ、あなたも今日からMidjourneyのアスペクト比マスターです! アスペクト比の変更ってよく使う機能の1つではござ...

What is モヘロー

主にAIやNFTに関する活用を紹介するブログを書いています。

Xで発信もしているので、良かったらフォロー頂けると嬉しいです。アカウントはこちらから!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次