Midjourney Web版紹介!Discord版との違いや使い方まとめ

2024年2月の上旬からMidjourneyのWeb版のアルファテストが開始されました!

■これまでに1,000枚以上の画像を生成したユーザに早期アクセス権が与えられます。

■Web版はDiscord版より使いやすい反面、まだ未実装の機能もいくつかある様でした。

■他の人の生成したイラストを真似しやすくなりました!Exploreから丸々、プロンプトをコピー可能です。

■Archiveで過去に生成したイラストを探しやすくなりました!

目次

Web版 ログインについて

参加条件について

Web版 Midjourneyは現在、アルファテスト段階です。

これまでの1,000枚以上の画像を生成したユーザに早期アクセス権が与えられます。

生成した画像の枚数はDiscordより、MidjourneyとのDMで「/info」コマンドを実行する事で確認ができます。

コマンド:/info

ちなみに私の方には以下の様なメールの案内も後から届きました。

ログイン手順について

Midjourneyの公式サイトにアクセスします。

右下の「Sign In」からログインをします。

サインイン後、以下の様な画面となっていれば完了です。

参加資格のないユーザはメッセージボックスに「Comming Soon」と表示されます。

画像を生成する

画面上部のメッセージボックスに生成したい画像のイメージを英語で指定します。

プロンプト例:Girl with rabbit ears (ウサギの耳を付けた少女)

生成完了後、「Create」の欄に生成結果が表示されます。

画像を参照させる

生成時に画像を参照させる場合は左側の「+」マークから、画像を選択/アップロードを行う。

参照させる画像については、どのように参照させるかの選択が出来る様になっている。

■左の人型マーク:キャラクターを参照させる (Cref)

■真ん中のクリップマーク:スタイルを参照させる (Sref)

■右の写真マーク:画像を参照させる

ただし、参照の度合い等の細かいパラメータの指定はWeb版では恐らくまだ利用できないと思われます。

SrefやCrefって一体何ぞや?って方は是非以下の記事にて紹介しているので、ご参照ください。

あわせて読みたい
Midjourney v6新機能!Crefで同じキャラクターを固定生成! こんにちわ!もへろーです。 ついに!Midjourney 及び Niji Journey v6 にキャラクターを参照する機能として「Cref」オプションが新たに追加されました! これにより、...
あわせて読みたい
Midjourney v6新機能!Srefで画風を固定する方法紹介 こんにちわ!もへろーです。 Midjourney v6 に画像を参照する機能として「Sref」オプションが新たに追加されました! 参照機能自体は元々v5までも類似の機能があったの...

生成結果を確認する

メニューの「Create」の欄にて生成結果が表示されます。

右側の欄にて、再生成の指示が可能です。

■Return:再生成

■Use:プロンプトの再利用

■Hide:生成結果の非表示 ※Createから表示が消えますが、アーカイブからは確認できます。

■More:コピー/ダウンロード等

バリエーションを作成する際には生成された画像より、「Vary Subtle」または「Vary Strong」をクリックします。

「Vary Subtle」は変化の少ないバリエーション、「Vary Strong」は変化の強いバリエーションになります。

対象の画像を選択するとより詳細な指示を指定する事が可能です。

右側に「Vary」「Upscale」等のDiscord版Midjourneyからお馴染みの指示が表示されています。

ちなみにSeedやImage URL等の情報は右上のメニューから「Copy」より確認が可能です。

Exploreから他の人の作品を参照する

メニューより「Explore」を選択すると、他の人が生成したイラストが表示されます。

Web版では真似したい作品があれば、こちらから簡単にプロンプトをコピーする事ができます!

例えば以下の左側のイラストの様な雰囲気を真似したいときは、カーソルを合わせてTextマークをクリックします。

すると生成時のプロンプトが自身のメッセージボックスに反映されます!

そのまま利用させて頂いて、私の方では以下の様な生成結果となりました。

設定を変更する

メッセージボックスの横のボタンから設定を変更できます。

■Image Size:生成画像の縦横の比率(アスペクト比)を調整する。

■Model:Mode(Standard or Raw)の指定と、Versionの変更が可能です。 ※RAWモードは後述

■Aesthetics:Stylization / Weirdness / Variety の値を調整可能です。 ※詳細は後述

■MoreOption:生成スピードを調整可能です。 RelaxモードはStandardプラン以上から可能となります。

RAWモードについて

Rawモードはより写真的かつ、プロンプトに忠実な生成結果を得られるモードです。

公式の例として、左が通常通り生成した結果で、右がRAWモードで生成した結果となっております。

プロンプト例:fruit salad tree (フルーツサンドの木)

比較してみると左の方がより芸術的、右のRAWモードの方は写真的でよりプロンプトの指定に忠実な事がわかると思います。

■公式の説明はこちらから!

あわせて読みたい
Midjourney Model Versions Learn about Midjourney model versions and the latest 5.2 release which includes advanced functionality like image prompting and multi prompts.

Aestheticsについて

恐らく設定の中で「どう指定して良いかよくわからない」の筆頭は「Aesthetics」の項目だと思います。

Stylizationは芸術性の度合いを調整できる [–stylize]

Stylization の値は低いほどプロンプトの指定に忠実になり、値が高いほど芸術性の高い色や構図が脚色されるようになります。

プロンプト例:Cat hand-drawn by a child (子供が手書きで描いた猫)

比べると値の低い(0~100)の図はまさに「子供が手書きで描いた猫」そのものです。

値の高い(1,000)指定ではプロンプトを無視して「絵を描いた子供自身」まで生成する(AIによる脚色が強く出た)結果となりました。

■公式の説明はこちらから!

あわせて読みたい
Midjourney Stylize Parameter The Midjourney stylize parameter influences how strongly the default aesthetic is applied. Low stylization Jobs closely match the prompt but are less artistic.

Weirdnessは奇妙さ(ユニークさ)を調整する [–weird]

Weirdness は値が大きいほど生成結果の奇妙さ(ユニークさ)が上がる指定です。

先ほどと同じプロンプトでWeidnessの値を変更して生成結果を比べてみましょう。

プロンプト例:Cat hand-drawn by a child (子供が手書きで描いた猫)

正直説明が凄く難しいのですが、平たく言うと値が大きいほど「思ってたんとはなんか違う!」絵ができると認識するのがわかりやすいかなと!

■公式の説明はこちらから!

あわせて読みたい
Midjourney Weird Parameter Explore unconventional aesthetics with the experimental `--weird` parameter. This parameter creates unique and unexpected outcomes.

Varietyは予期しない結果の度合いを調整する (–chaos)

Variety は値が大きいほど予期しない結果をもたらす指定です。

先ほどと同じプロンプトでVarietyの値を変更して生成結果を比べてみましょう。

プロンプト例:Cat hand-drawn by a child (子供が手書きで描いた猫)

100まで値を上げるとほとんど、プロンプトの指定を無視したような結果となっていることがわかると思います!

■公式の説明はこちらから!

あわせて読みたい
Midjourney Chaos Parameter The Midjourney Chaos parameter influences how varied image grids are. High values will produce more unusual and unexpected results and compositions.

その他の機能について

Archiveで自身の生成イラストをチェックする

Archiveではこれまでに自身が生成したイラストをチェックする事ができます。

これまでDiscordで生成していたイラストもこちらのArchiveに含まれています。

右側のフィルターで様々な指定でArchiveから画像を探し出すことが可能です。

ちなみに「Hidden」にしていたイラストも「Filters」から「Hidden」を指定する事で表示されます。

フォルダ機能について

Web版ではフォルダを分けて生成したイラストを管理する事が可能です!

「Archive」メニューより、右側の「Folders」から「Create Folder」をクリックします。

※デフォルトでは全て「All Images」のフォルダに生成されます。

以下の様な画面が開くので、任意の「Title」を指定しフォルダを作成します。

「Smart Folder」にチェックを入れると任意のキーワードで自動的にフォルダに保存してくれるので便利です!

以下では「Girl」のキーワードで生成したイラストをフォルダ分けしています。

フォルダを開くと過去に「Girl」の指定を含んで生成された結果が表示されます。

Web版で未サポートの機能について

私の方で試した限り、以下の辺りの機能はWeb版では確認ができませんでした。

今後実装される可能性や、単に私が使い方を知らない可能性もございます。

■Style Tuner機能。

■CrefやSrefの細かいパラメータの指定 (–sw/–cw/–sv等)

■Blend機能

まとめ

最後までご覧になって頂きありがとうございます!

本日のポイント

■これまでに1,000枚以上の画像を生成したユーザに早期アクセス権が与えられます。

■Web版はDiscord版より使いやすい反面、まだ未実装の機能もいくつかある様でした。

■他の人の生成したイラストを真似しやすくなりました!Exploreから丸々、プロンプトをコピー可能です。

■Archiveで過去に生成したイラストを探しやすくなりました!

後から見直したい方は是非、ブックマークに登録を頂けると幸いです。

おすすめ教材

画像生成AIをもっと学びたい!仕事や趣味に活かしたい!と言う方必見!

Udemy にてMidjourneyをはじめとした様々な画像生成AIのオンライン講座を受けられます!

ツールの使い方から副業への活かし方まで!目的にあった講座を是非、以下から検索してみてください!

「Midjourney」や「画像生成AI」等のキーワードで検索してみましょう!

オススメ記事

本ブログでは様々なAIツールに関する記事を公開させて頂いております。

良かったら他の記事もご覧になって頂けると幸いです。

あわせて読みたい
今更聞けない!Midjourneyアスペクト比(ar)変更方法まとめ  こんにちわ!モヘローです! 本記事をご覧いただければ、あなたも今日からMidjourneyのアスペクト比マスターです! アスペクト比の変更ってよく使う機能の1つではござ...
あわせて読みたい
思い通りの1枚を生成!AkumaのAIキャンバス機能で誰でもイラストレーターに! こんにちわ!もへろーです! 画像生成AI界隈に日本発のサービスが新しい風を巻き起こそうとしています! 従来の画像生成AIは「Text to Image」と呼ばれる通り、「文字で...

What is モヘロー

主にAIやNFTに関する活用を紹介するブログを書いています。

Xで発信もしているので、良かったらフォロー頂けると嬉しいです。アカウントはこちらから!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次